最近のトラックバック

カウンター


  • (Since 14 Jun 2005)
無料ブログはココログ

« 薔薇のために | トップページ | Japan Chart 2位 »

2005年5月14日 (土)

きのうの悪童探険記 前半

きのうの悪童は、孝天に主持をスイッチしてのスタートでした。
冒頭、仔仔のときは、ヘビだったし、ヴァネスのときはクモだったよね、といささか及び腰な孝天。
まあ、期待は裏切らないと思いますけど~。(それは、追々)

きのうのレポは、まずニュージーランドのMount Edenのレポから。
すり鉢状になった死火山の火口の中心から、大声で少宗を呼ぶ東靖。
少宗、上の方から転がり落ちそうになりながら、なかなか楽しい登場です。
Mount Edenは、例えていうと阿蘇の草千里みたいな感じ?
一面の緑の中で、放牧された牛がのんびり草をはんでます。
少宗たち、モー、モーと呼びかけながら牛に近づいていくものの、全く相手にされず(^^;
2人してすり鉢の中で寝転がって、パノラマ的な景色ときれいな空を満喫していました。

そして次のレポがインドのへびつかいに挑戦。
カモン、レッドスネークのあれです。(って例え古過ぎ?)
挑戦者は、傅一と世倫。大人ペアですな。
っていうか、コブラくんっていうのは、誰の笛でもいうことをきくもんなんですか。
いきなり挑戦って、それは無謀なんじゃあ。。。(^^;
案の定、コブラくんは、遠くで聞こえる(笑)世倫の笛の音なんか
聞いちゃあいないし、すごい勢いでテレビカメラを威嚇して、噛み付こうとしてます。
続いて傅一が挑戦。笛を吹きながらコブラの前に手の甲をちらちら。
(あれ、何かコブラがだんだん興奮してきてない?)
もう一度世倫に笛をスイッチしたところ、ついにコブラくんは籠から飛び出して、飼い主に大急ぎで撤収される始末。
以上、挑戦終了って、この挑戦は成功したの?
久しぶりに(初めてかも?)傅一レポを見たというのに、この結果は微妙ですわー。

次が君豪と王鈞のワニに挑戦レポ。
このレポ、随分前に予告を見たような気がするんですけど、気のせいかしら?
やっと日の目を見たの?

王鈞が兵役のために番組を降板してしまったので、もうこの組み合わせのレポはかなわないわけですが、私はこの2人のレポ好きでした。
同学なだけあって息もぴったりだったし、2人してじゃれ合う感じがなんとも、ね(^^;
番組の制作が2002年だから、王鈞、もう兵役あけてるな、きっと。
どうだったんだろか、ちょっと気になりますが。。

レポの方は、2人してワニの歯磨きをしたり、しっぽにまたがって座ったりと、なかなか楽しそう。
ワニくん、大口開けたまま、微動だにしないんですが。。起きてる?
レポ明けにスタジオには、子ワニくんが登場。
こちらも微動だにせず(^^; 
孝天はかわいいなんて、抱っこしてチューしてましたが、東靖をびびらせて遊んでいるうちに、子ワニがお粗相を(^^;
(おシッ○出ました(^^;)
もうスタジオ中は大騒ぎ。なぜか傅一が掃除してますが。。?

そして、前半最後のレポがネパールの自然動物公園。
小さな木の小船で、ワニのいる川の川下りをする少宗と世倫。
顔がもうびびってます。
その後、2人して象の背中に乗ってジャングル探険。
鹿やサイなどいろんな野生動物に遭遇して、2人は感慨深そうでした。

とまあ、こんなところで30分。(長っ!)
前半終わりには、悪童募集の告知が。
上限は22歳までだったのね。傅一ぎりぎりじゃん。

後半へ続く。。。

« 薔薇のために | トップページ | Japan Chart 2位 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106953/4120878

この記事へのトラックバック一覧です: きのうの悪童探険記 前半:

» サイ [サイ[動物辞典]]
サイサイサイコロ(賽子)のこと。「サイは投げられた」空手道に使われる武器のひとつ。動物の一種。本稿で述べる。----サイ(犀)は哺乳類のサイ科の動物の総称である。ゾウ、カバに次ぐ、大型の陸棲哺乳類であり、最大の種であるシロサイ ''Ceratotherium simum''は体長4m、体重2.3tに...... [続きを読む]

« 薔薇のために | トップページ | Japan Chart 2位 »