最近のトラックバック

カウンター


  • (Since 14 Jun 2005)
無料ブログはココログ

« きょうの中華新聞 ほか | トップページ | きょうの中華新聞 その2 »

2005年6月25日 (土)

きょうの中華新聞

本日も私、お仕事モードです。
しかし、暑いよね。本当に嫌になりますわ。

というわけで、きょうの中華新聞、まずは香港の主だったものだけ拾ってみました。

きのうで東方日報さんにも載っていた「烈火の鷹鷲」について
けさの星島日報さんが載せています。

星島日報 百事新廣告霆鋒遭打到飛起(写真)

はっきり写真も掲載して名前も出してるってことは、きのうのTVでのCM放送開始をきっかけに、かん口令が解除されたってことなのかな?
今回のbirdman編では、ほんとにちょっぴりな出番しかなかったニコラスですけど、次作には堂々と出られるようになるんでしょうか。
そこら辺もちょっと気になるところではありますが(^^;

 
中時電子報 反了!反了!言承旭笑臉迎人 朱孝天陰晴不定

兄ちゃんの「白色巨塔」撮影話と孝天出演の映画「遠東國際大審判」話についての記事です。
兄ちゃんは笑顔で礼儀正しく、孝天はちょっと感情に波があるが、どちらも熱心に仕事に励んでいるって、それほめてるの(^^;?

記事によると、兄ちゃんは「白色」の撮影開始時には軽装に野球帽といういでたちで、スーツケースに靴や服を一杯詰めてあらわれたんだとか。
撮影現場の兄ちゃんはとても親しみやすくて、アパレルメーカーから提供された多くの衣装の内、サイズの合わないものをほかの出演男優に配っているとか。(それって、bench?)
そんな感じで、おもいやりのある温かいキャラとして、現場の雰囲気も監督との関係もとってもいい状態だそうです。
よかった、よかった。
先日、原作者の侯文詠さん(元お医者様)の計らいで手術「実習」を見学した兄ちゃんは、びっくりして「(ドラマの中の)演技するときでも、あんなに血が流れるのか?」と確認したんだそうで、侯文詠さんに「血は流れなくてもいいけど、最低限の専門的手法はおさえておいてくれ」と言われたんだとか。
血が怖いからまずは一安心なんだろうけど、覚えることは一杯あるから、それは大変そうね。

一方孝天はというと、余りにも役に入り込みすぎて、情緒が不安定になっているとか。
ただ、共演の大先輩たちのおかげで(情緒の起伏の激しさは)以前ほどひどくはないそうですが。
總策畫(制作総指揮みたいな役職?)のSIMONさんが言うには、「孝天は自分のイメージや人の目を気にしない。人づき合いはいいが、突然地面に寝転んで眠ったりもする。
彼が言うには、自分は以前は舞台裏の従業員で苦労してるから、どこでも寝られるんだとか。」
ちなみにSIMONさんが言う孝天の欠点は「よくスーパーをぶらぶらすること」なんだそうで(^^;
スーパーに行くにも護衛を派遣しなきゃいけないから(4人も!)、大変なんだそうです。

« きょうの中華新聞 ほか | トップページ | きょうの中華新聞 その2 »

コメント

ううう!ほーこさん、我ものすごーく久しぶりに日本語(?)の映画見てるよ、『海猿』。字幕なしってのはダイレクトに感動する~~
朝から朋友に頼まれてHDDに「部屋~」入れるついでに暇だったから一日観てしまった、アホです!めっさ疲れた~~
おまけに 海猿。
って、上の記事と全く関係ありません、スミマセン。
兄ちゃん、孝天・・ふたりらしい話です。専門手法って、手洗い一つとっても、術前の手洗いなんか30分くらいかかるんだから!いちいち練習するんだろな、彼の性格上・・・
孝天にしても、普段住めない土地ってだけで、
食材探しに行きたくてたまらないんだろね!

>zuzuさん
「海猿」伊藤君だね。
「海猿」は見てないけど、伊藤君はこの撮影のあと
「白い巨塔」の撮りが入ってて、医者にあるまじき黒さだって監督に叱られたんだって(^^;
ビタミンCとか、ものすごい摂取して日焼けをおとすのに苦労したって話を聞いたことあるよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106953/4700169

この記事へのトラックバック一覧です: きょうの中華新聞:

« きょうの中華新聞 ほか | トップページ | きょうの中華新聞 その2 »