最近のトラックバック

カウンター


  • (Since 14 Jun 2005)
無料ブログはココログ

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月30日 (金)

最終兵器彼女(BlogPet)

映画、アニメ、原作と三者三様のラストを見せたわけですが、個人的に見て役者が雇えなかったのか?
と勘ぐりたくなるほどで、宣伝文句にあったような「LASTLOVESONG」
にもなり得ないし(^_^;)

ヴィジュアル的にはよく分かりませんでした
ストーリーも原作の上っ面を軽くなでた感じで、とりあえず借りてみました
始まって30分ほどでなしに見ても、許せない点が開始になってはいたような「LASTLOVESONG」
にもなり得ないし(^_^;)すべてにおいて、人間関係の描きこみが希薄なのよね、全く
ブツブツ


というわけで、もうだれちゃったワンシーンのみでした

始まって30分ほどで、厚みが全く感じで、宣伝文句にあったような「完全映画化」
じゃないし(^_^;)戦争のシーンなので)
ちなみにこの映画を作りたかったのか、私がかかりすぎて(^_^_^_^;)ましてや、ああいうラストじゃないし(^_^;)

ヴィジュアル的には映画が出てきたワンシーンのみでした
と、少少が思ってるの。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「少少」が書きました。

2006年6月26日 (月)

DEATH NOTE

正直、最初に映画化の話を聞いたときは、全く何の期待もしていなかったです、私。
↓の「最カノ」と同じく、大丈夫なんかい?ってな感じで(^_^;)
劇場まで足を運ぶつもりも全然なかったんですけど、
でも、監督が金子修介さんと知っちゃあね(^_^;)
まあ、とりあえず行っとけ、みたいな(^_^;)?

というわけで、見てきました。「DEATH NOTE 前編」

エピソードの盛り込みすぎで、途中ちょっと、ん?となる場面もありましたが(^_^;)
1つのエンターテイメントとしては、概ね成功しているのではないでしょうか、この映画。
2時間超の上映時間も飽きずに最後まで楽しめました。
映画ならではのオリジナルキャラ・詩織も違和感なく物語に溶け込んでたし、瀬戸朝香ちゃんのナオミも、ステキ!(^^)!
海砂はもう少しバカっぽくてもよかったけどね。。。
(個人的には、もう少しシカオくんの歌も聴きたかった。。。)

しかし、Lは終始何か甘いもの食べてたので、松山くんの胃腸が心配です。
撮影中に思いっきり太りそー。
ま、某テレビドラマ「くい○ん」よりは、その食事量、マシなのかな?

後編は11月公開とのこと。
後編のヒロインはミサミサなんでしょうが、願わくばノート保持の黒ライトと、ノート放棄後の白ライトの演じ分け、見たいなあ。
いや、藤原くんの演技力なら、それも可能そうなんで。。

映画の公式HPはここ

2006年6月25日 (日)

最終兵器彼女

気になってはいたのですが、やはり映画館へは足を運べず。
やっとレンタルが開始になったので、とりあえず借りてみました。
が。。。。始まって30分ほどで、もうだれちゃったよぉ。
なんていうか、全くキャラに魅力を感じなくて(^_^;)

ヴィジュアル的には、窪○弟くんの濃っゆーい眉毛が気になって、苦笑の連続。
余りにも大根がたくさん転がっているので、思わずVFXにお金がかかりすぎて役者が雇えなかったのか?と勘ぐりたくなるほどで。。。
というわけで、全くもって製作側が何でこの映画を作りたかったのか、私にはよく分かりませんでした。
ストーリーも原作の上っ面を軽くなでた感じで、厚みが全く感じられず、「何やねんその展開は!」と、終始突っ込みの入れっぱなし(^_^;)
戦争のシーンもリアリティが薄く、本編終了後に入っていた予告「男たちの大和」の何と素晴らしく思えたことか(^_^;)
すべてにおいて、人間関係の描きこみが希薄なのよね、全く。ブツブツ。

というわけで、宣伝文句にあったような「完全映画化」じゃないし(^_^;)
ましてや、ああいうラストじゃサブタイトルにつけてるような「LAST LOVE SONG」にもなり得ないし(^_^;)

個人的には、ナカムラくんを出すなら出すで、もうちょっとクローズアップしてあげて欲しかった。
(彼の最後は、なかなかの名シーンなので)
ちなみにこの映画中で私が「おっ」と思ったのは、津田寛ちゃんが出てきたワンシーンのみでした(^_^;)

こうして、映画、アニメ、原作と三者三様のラストを見せたわけですが、個人的には映画が一番つまらなかったです。
これはファンタジーなんだからと思いつつも、許せない点が多すぎて(^_^;)
多分、原作などの予備知識なしに見ても、このつまらなさは変わらないんじゃない?
(かなり辛口ですが。。)

映画の公式HPはこちら

2006年6月22日 (木)

封面人物(BlogPet)

日曜日、ネットでCSとか、大きい人物
を覗き見していたら兄ちゃんの「封面人物」
放送の告知を見てしまった
ほーこが、テレビなどを告知をHDCしなかったよ
兄ちゃんとか、予告そこばっかり(^_^;))
とか思った?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「少少」が書きました。

2006年6月15日 (木)

見逃した(T_T)(BlogPet)

放送の孝天ドラマ「天空之城」
は、録画しなかったにもかかわらず、あとで見返してみたらハリソンくんが映っている明道主演(183club主演しなかったの♪)
ほーこは、録画し、この視聴率争い、しばらくはちょっと苦戦するかも
深情密碼
よりも視聴率が勝って
日曜は少少が、ハリソンを入手するなりぃ
と、ほーこは考えてるはず。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「少少」が書きました。

2006年6月13日 (火)

封面人物

日曜日のこと。
何気にHDCで放送している「ピーチガール」を覗き見していたら
兄ちゃんの「封面人物」放送の告知を見てしまった。。

いやー、まさかあの番組に日本語字幕がついて
普通に(CSだけど)テレビで見られるとは思わなかった。
時代は変わったのねぇ、としみじみ。

ちなみに、番組予告から兄ちゃん涙ぽろぽろ流してます。
(っていうか、予告そこばっかり(^_^;))

2006年6月10日 (土)

marry me!

とりあえず、忙しく働いております。
「Silence」も「天空之城」ももう3話ですが、なかなか録画ばっかりで見ることができません。

そんななか、25秒でできる魂のリフレッシュ(^_^;)
小美の新ドラマ「我們結婚吧」のTVCFが始まりました。

Ws000020 目から何か光線出てるし。。
マイナスイオン?

番組の公式サイトはここ

2006年6月 3日 (土)

Silence~深情密碼~ 第1話(BlogPet)

少少はここまで視聴したかも。


きのうは渋谷、大分盛り上がったみたいですけど、少少はおひげありの来日でしたね。
今回は両者ともおひげなしの李威を見ているだけでも結構楽しくて。

ムービープラスさん放送の「求婚」も、ちょうど第4章李威のインタビューもあって、今週はなかなか豪華でしたが、中視番組サイトにて「娯楽新聞」を見ながらなんとなくそんなことを思ったり。


さて、「は?何言ってんの?」という一幕。


なぜかズボンのポッケに手を突っ込んでばかりの男性陣。
一度気づくと気になり出して、そんなとこばっかりチェックしちゃう(^_^;)

3人とも凄い顔してやってください(^_^;)残念ながら、生出演シーン。
「S i l e n c e~深情密碼~」のPRに忙しい仔ですが。


(特に傳一だけ記者発表の模様から。
しかし主役の2人、なんて柄のどぎつい衣装なんでしょか。
大S、早くカンヌから帰ってきて、生出演のため字幕がなく、会話の意味は聞き取れませんが画を見なさいとのことでしたね。
今回は両者ともおひげありの来日でしたので素直に視聴(^_^;)誰のチョイスなんでしょか(^_^;)

記者発表の写真は、t u n g s t a rさんでもたくさん紹介されたアジパラさんの孝天インタビューなど聞いておりました。
アジパラさんは李威(&小美)の巻で、みんなで「しー」。
あれ? 傳一。
左右から、仔の中指、金の指輪がまぶしいですな(^_^;))

まずは記者発表と同じ衣装だ。

まさか、自前?(^_^;)

3人とも凄い顔してます。
(迷ならでは(^_^;)誰のチョイスなんでしょか。
大S、早くカンヌから帰ってきて、仔とメーガンが応援。
仔の服装を何とかしてやってください(^_^;)

記者発表の模様から。
しかし主役の2人、なんて柄のどぎつい衣装なんでしょか?ジャケットの裏地も柄モノですが、どちらかということで、おひげなしの方が好きだなぁ。

(特に傳一だけ記者発表の写真は、いよいよ21日開始です。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「少少」が書きました。

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »