最近のトラックバック

カウンター


  • (Since 14 Jun 2005)
無料ブログはココログ

« 封面人物(BlogPet) | トップページ | DEATH NOTE »

2006年6月25日 (日)

最終兵器彼女

気になってはいたのですが、やはり映画館へは足を運べず。
やっとレンタルが開始になったので、とりあえず借りてみました。
が。。。。始まって30分ほどで、もうだれちゃったよぉ。
なんていうか、全くキャラに魅力を感じなくて(^_^;)

ヴィジュアル的には、窪○弟くんの濃っゆーい眉毛が気になって、苦笑の連続。
余りにも大根がたくさん転がっているので、思わずVFXにお金がかかりすぎて役者が雇えなかったのか?と勘ぐりたくなるほどで。。。
というわけで、全くもって製作側が何でこの映画を作りたかったのか、私にはよく分かりませんでした。
ストーリーも原作の上っ面を軽くなでた感じで、厚みが全く感じられず、「何やねんその展開は!」と、終始突っ込みの入れっぱなし(^_^;)
戦争のシーンもリアリティが薄く、本編終了後に入っていた予告「男たちの大和」の何と素晴らしく思えたことか(^_^;)
すべてにおいて、人間関係の描きこみが希薄なのよね、全く。ブツブツ。

というわけで、宣伝文句にあったような「完全映画化」じゃないし(^_^;)
ましてや、ああいうラストじゃサブタイトルにつけてるような「LAST LOVE SONG」にもなり得ないし(^_^;)

個人的には、ナカムラくんを出すなら出すで、もうちょっとクローズアップしてあげて欲しかった。
(彼の最後は、なかなかの名シーンなので)
ちなみにこの映画中で私が「おっ」と思ったのは、津田寛ちゃんが出てきたワンシーンのみでした(^_^;)

こうして、映画、アニメ、原作と三者三様のラストを見せたわけですが、個人的には映画が一番つまらなかったです。
これはファンタジーなんだからと思いつつも、許せない点が多すぎて(^_^;)
多分、原作などの予備知識なしに見ても、このつまらなさは変わらないんじゃない?
(かなり辛口ですが。。)

映画の公式HPはこちら

« 封面人物(BlogPet) | トップページ | DEATH NOTE »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106953/10672277

この記事へのトラックバック一覧です: 最終兵器彼女:

« 封面人物(BlogPet) | トップページ | DEATH NOTE »