最近のトラックバック

カウンター


  • (Since 14 Jun 2005)
無料ブログはココログ

« 北斗の拳 | トップページ | 孝行息子 »

2007年5月 3日 (木)

名もなき毒

久しぶりに読む宮部みゆき本。
いつ振りだ。
2年振りくらい?

というわけで、特に気負いがあったわけではなかったんですけど、本屋大賞にノミネートされていたこともあって、読んでみました。
相変わらず。。だね。
犯人当てちゃったよ(^_^;)(^_^;)あはは。
っていうか、登場人物が出揃った頃に、この辺かなとアタリをつけたらそのまんまドンピシャだった感じで。
とまあ、そんなところが相変わらずでした。

結構厚く見えますけど、あっという間に読めちゃいます。
主人公の杉村さんは、使いようによってはあと何本か話が書けそうな感じ。
(探偵の北見さんも然り)
松本零二ワールド的に、宮部女史の頭の中では彼らのサイドストーリーが際限なく広がっているのかもね。

まったくの余談

どうもこの手の作品を読むと、サラ・パレツキーを思い出します。
V・I・ウォーショースキー・シリーズ。
かなり読みました。
(とはいえ、私はシリーズ作品、「バースディ・ブルー」までしか読んでないんですけど(^_^;)

推理小説という蓑をかぶった、社会問題提起小説って感じ。
後半に向けてのヴィクのアクション(?)シーンが、今回はラストへ向けての元女子社員の行動と対応してるのかな。
話の流れがパターン化してますか?

久しぶりに読んでみようかな、ヴィクシリーズの新作。

« 北斗の拳 | トップページ | 孝行息子 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106953/14936206

この記事へのトラックバック一覧です: 名もなき毒:

« 北斗の拳 | トップページ | 孝行息子 »